--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/10/23

たのしい・わるくち

たのしい・わるくち たのしい・わるくち
酒井 順子 (1999/08)
文藝春秋

この商品の詳細を見る
 この人のエッセイは面白い。人間観察力がすごいなぁ、と毎回感心します。最近お笑いで、あるあるネタが流行っていますが、それのエッセイ版とでもいいましょうか。いろんなテーマで斬っていっており、「こんな人いるいる!」と共感するんです。
この本は、例えば「自慢しい」「おっちょこちょい」「年寄りくさい」「東京生まれ」というテーマで人を斬ってます。悪口と言いつつも、自虐ネタも含んでいて毒気はそれほど感じなかったです。むしろ、著者の暴走気味の分析が面白くてあはは~という感じでサクサク読めます。この人のエッセイ、おすすめですー。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。