--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/10/06

キツツキはなぜ頭が痛くならないのか

イグ・ノーベル賞の記事です。
http://www.asahi.com/international/update/1006/008.html
イグ・ノーベル賞とはノーベル賞のパロディで、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞です。この記事によると、今年のイグ・ノーベル賞は「なぜキツツキは頭が痛くならないのか」とか「なぜ乾燥スパゲッティを曲げると、半分よりもちょっと先の部分で折れるのか」という研究に与えられたそうです。
ユーモアがあっていいなぁ、と思う。一見無意味でとっても平和な研究だけど、どれも答えを知りたくなるようなこと調べてると思いません?確かにキツツキって、あんなにコツコツ木をつついてたらぜったい頭痛くなりそうやもん!スパゲッティもなかなか半分に折れへんし・・・。自分もそういう研究をしたいなあ、と思う。「なんか面白そうなことやってるやん」って言ってもらえるとやっぱ嬉しいし、研究のしがいもあるってもんですよね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

>れれ、もずき

>れれ
う~ん、音楽で「人を笑わせる研究」・・・。頑張って見つけてちょ♪

>もずき
うん。役に立たなくていいから、面白そうと思ってくれたら嬉しいけどね。その上、言語学とはかなり離れた研究に突っ走っている今日この頃・・・。

研究って難しいよね。特に言語学なんて、「誰かの役に立つ」っていう実学とはチョット離れてるしね。面白い研究が出来たらいいね^^

おお。そっかーー
音楽にもそんな話題ないかな。
論文の題材にしようかしら・・
でも、2ケ月で研究に結論が生まれるのか!笑

・・・悩んでる玲奈でした。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。