--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/27

Hawaii TESOL

今日はHawaii TESOLという学会のSocialという親睦会みたいなものに行ってきました。
TESOLはTeacher of English to Speakers of Other Languagesの略です。
そう、つまり英語教育なので私の専門である日本語教育とはちょっと違うんですが、
どっちも同じ第二言語教育だし、日本語教育が英語教育から学べることも多いと思うんですよね。(と、カッコイイことを言っておきながら、タダ飯がメイン目的だったんですけど・・・

今日は親睦会ということで、他の参加者と一緒にご飯を食べてちょっとしたアクティビティをするという内容でした。
アクティビティでは、アイスブレイキングの後、グループになって「こんなときどうする?!」というディスカッションをしました。
私たちのグループに与えられた「こんなときどうする?!」のテーマは
『クラスに(いわゆる)よく出来る学習者と(いわゆる)出来ない学習者がいます。それぞれ授業が簡単すぎる/難しすぎると言うので困りました。さて、どうしますか?』というものでした。
他のグループのテーマも『朝一のクラスでいつも学習者が眠たがっています。どうしますか?』とか
『学習者がよく休みます。どうしますか?』とか
なかなかあり得そうなお題ばかりで面白かったですよ。
ちなみに私たちの話し合いで出た、レベルの違う学習者に対応する方法は:
・分かっている学習者と分かっていない学習者をペアにして学習者どうしに教え合いをしてもらう。(Near Peer Role Model)
・アクティビティ自体に、よりハイレベルなタスクとそうでないタスクを盛り込み、学習者が自分のレベルで参加できるようにする。
・学習者どうし助け合いをしないといけないようなアクティビティを作る。
などが挙がりました。どうでしょうか?
PICT0104.jpg


そうそう、ついでに宣伝をさせてもらいますと、夏休みに働いたイマージョン・キャンプと関連させて書いた記事が
この学会のニュースレターに載りました!
タイトルは、"Bridging Immersion Camp Experiences into ESL Classrooms"。
内容は、イマージョンのアクティビティーをどうESL(English as Second Language)の教室で使うかです☆(学会の性質上ESLに絞りましたが、EFLや他の言語にも当てはまると思います。)

http://www.hawaiitesol.org/Word%20Sept%202006.pdf
でも見られるそうなので、宜しければ覗いてみて下さい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

>れれ

どうやらアップされたようです。面白いかどうかは謎やけど、のぞいてやってくださいまし。

お。アップされたらユッコの記事が読めるのかな。
楽しみにしてまーす!!v-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。