--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/21

今学期終了

昨日をもって今学期、終了しました。教えてる方のがっこーの。四学期制なので、ウィンター・タームが終わったというわけです。教えられてる(?)方のがっこーはまだまだ5月まであります(授業とってないから、あまり関係ないけど)。

来学期はもう教えないので、あとは成績を提出すれば任務完了ということに。
それにしても、成績を出すのって難しいです。たとえば、BとB+のボーダーにいる人とか、どうしようかと思ってしまいます。私としては迷ったときは良い方の成績をあげたいんですが…。
でも、BにするかB+にするかってそこまで大きな問題かなって気はします(もちろん、学生さんからすれば、成績で奨学金や進学がかかっていたりするので、慎重にしないといけないですが)。それよりも、もっと評価を通して学習者が自分の日本語学習を内省できることが重要じゃないかなと思います。あと、私の方からもっと丁寧なフィードバックができれば(←これは、個人面談やったり文章でのフィードバックをしたり、最終成績以外のところで少しはやろうとしているのですが…う~ん)。
成績の数字が前面に出てしまって、肝心なその裏にある学習自体が見えなくなったらいかんなぁと思います。なんかいい方法ないですかねえ。ポートフォリオとか???でも、どっちにしろ学校である以上はletter gradeで成績を出さないといけないんですよね。これからちょっと時間ができるので、評価法について少し勉強してみようかと思います。(解放感からついつい遊んじゃう予感満点だけど…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。