--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/14

日本語文法 学習者によくわかる教え方:10の基本

日本語文法 学習者によくわかる教え方―10の基本 日本語文法 学習者によくわかる教え方―10の基本
藤田 直也 (2000/08)
アルク

この商品の詳細を見る

タイトル通り、日本語文法の基礎的な文法を整理して、どうやって教えたらいいかも提案している本です。自分では分かっていても、どうやって説明すればいいのか迷うことがあったので、自分の頭の中を整理するために読みました。おかげで頭の中がすっきりしたし、導入方法も併せて掲載されていたので、お役立ちでした。でも、一度読んだだけではきっと忘れちゃうので、そのうちまた読みかえさなきゃ。
こういう本を読んで思うのは、私はまだまだ日本語自体に関する知識が足りないなーと。ちゃんと分かってないと、導入も何もありませんからねぇ・・・。勉強するべし、ですね。そのためには、このような文法ハンドブックのような本や辞典を活用するのもいいですが、自分で例文を分析する力もつけなきゃなーと感じます。学部のときにそういう分析の訓練をする授業(現日とか社言とか?)をもっとたくさん取っておいても良かったかなぁと思っています。
ただ、この本にも書いているように、日本語そのものに関する知識は『日本語教師が「日本語の職人」であるために持つべき技能』であることには違いないのですが、その他にも様々なものが必要です。ただ文法知識を学習者に注入して完了、という教師にはなりたくないなーと思うので、その辺のバランスも必要ですよね。「教師は五者たれ(うーん、確か・・・学者、医者、易者、役者、行者だったかな)」という言葉がありますが、日本語の先生もきっとそうなんだろうなあと思うのでありますです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。