2008/03/26

日本文化センター

さてさて、本日はハワイ日本文化センター (Japanese Cultural Center Hawaii) 。
剣道教室や補習校のオフィスなどが入っていて、ハワイ大学からも歩いて10分ぐらいの場所。
JCCH2.jpg


「今学期、どこかフィールドトリップした~い」ということだったので、日本語の学生たちと一緒に、ここのギャラリーにある、ハワイの日系移民の歴史についての常設展に行ってきました。(そして、その後は日本料理を食べに。)
中では写真がとれないので、外から頑張ってとった写真。↓
JCCH.jpg


日本語学校で実際に使われていた教科書や、移民(プランテーション労働者)が着用を義務付けられていた番号札などが展示されていて、こじんまりしたスペースの割にはなかなか充実していました。今まで、ハワイの日系移民について少し本を読んだりしましたが、あまり実物を見る機会はなかったので興味深かったです。今となってはハワイにいる日系の人たちは当たり前の存在になっていますけど、日本からもアメリカからも支援がなかった移民たちは、新しい場所での地位を築くために、嫌でもたくましく生きてこなければならなかったんでしょうね。
スポンサーサイト
2008/03/26

クアロア牧場

休みに入ってからというものの、毎日遊んでいます。カラオケ行ったり、面白いレストランに行ったり・・・。これだから、学生っていいんですよねー(ま、普段の休みは勉強で潰れていくんですけど・・・

先日は、オアフ島東部にあるクアロア牧場というところに遊びに行ってきました。
牧場といっても、牛とたわむれるわけではなく(←牛はいるにはいますが)、敷地内でいろんなアクティビティができるドでかい広場とでもいいましょうか・・・(東京ドームの400数十倍の敷地だそうです。そういわれても、あまりピンときませんでしたけど)。
kualoa4.jpg

いくつかアクティビティが用意されていて、その中から4つを選べるコースでした。
私たちが選んだのは、『展望台ハイキング』『カネオヘ湾クルーズ』『映画ツアー』、そして『ジープツアー』です。他には乗馬や射撃、四輪バギーなどがあったみたい。


午前中は展望台ハイキング。
・・・のはずが、一緒のグループにいたおじいさんが膝が痛いとかで、結局途中までマイクロバスで上がることに。思わぬラクができました。それでも、最後の3分の1ぐらいは車が入れないということで歩きましたけど。うーん残念(←おい) んで、上から見た景色がこれ。もう、きれいですよね~。天国みたい。
kualoa.jpg



んで、その後はカネオヘ湾クルーズへ。ヨットに乗って、上の写真で真ん中に見えている帽子のような島(Chinaman's hut)の裏っかわまで行きました。ちなみに、この島までは干潮時には歩いて渡れるそうです。面白そう!ちょっとしたモンサンミシェル?!
kualoa3.jpg

kualoa2.jpg



お昼は食べ放題でたらふく食べたあと、次は映画ツアー。
なんでも、この牧場は様々な映画の撮影につかわれているようで。パールハーバー、ジュラシックパーク、LOST、、、その他よく知らない映画たち。
とりあえず、これは(↓↓)
kualoa5.jpg

ゴジラの撮影場所。ゴジラの足跡だそうです。ゴジラみたことないから、よく分かんないんだけど。
で、一番テンションがあがったのはこちら↓
kualoa6.jpg

50 First Dates(邦題:50回目のファーストキス)の現場。主人公が、来る日も来る日も記憶を失った彼女を待っている場所です。残念ながら、日本での映画の知名度は低いらしく、さらっととおりすぎてしまいましたけど・・・(日本語ツアーだったから)。

ほんでもって、最後はジープツアー。デコボコ山道をジープで激しく揺れながらすすんでいくというもの。なんか、朝青龍を名乗るガイドさんがはりきって際どい運転をかましてくれていたのですが、社内にいたおばあさんには揺れがお気に召さなかったらしく、クレームが出て、途中からは超安全運転になりました。揺れがウリだと思うんですけどね、このアクティビティは・・・。ま、いいですけど。でも、最後にもう一度山の上から見た景色はこれまた壮観!ハワイっていいよな~と思うのでした。残りあと数ヶ月で、もっとハワイを楽しみたいです。
kualoa7.jpg
2008/03/21

今学期終了

昨日をもって今学期、終了しました。教えてる方のがっこーの。四学期制なので、ウィンター・タームが終わったというわけです。教えられてる(?)方のがっこーはまだまだ5月まであります(授業とってないから、あまり関係ないけど)。

来学期はもう教えないので、あとは成績を提出すれば任務完了ということに。
それにしても、成績を出すのって難しいです。たとえば、BとB+のボーダーにいる人とか、どうしようかと思ってしまいます。私としては迷ったときは良い方の成績をあげたいんですが…。
でも、BにするかB+にするかってそこまで大きな問題かなって気はします(もちろん、学生さんからすれば、成績で奨学金や進学がかかっていたりするので、慎重にしないといけないですが)。それよりも、もっと評価を通して学習者が自分の日本語学習を内省できることが重要じゃないかなと思います。あと、私の方からもっと丁寧なフィードバックができれば(←これは、個人面談やったり文章でのフィードバックをしたり、最終成績以外のところで少しはやろうとしているのですが…う~ん)。
成績の数字が前面に出てしまって、肝心なその裏にある学習自体が見えなくなったらいかんなぁと思います。なんかいい方法ないですかねえ。ポートフォリオとか???でも、どっちにしろ学校である以上はletter gradeで成績を出さないといけないんですよね。これからちょっと時間ができるので、評価法について少し勉強してみようかと思います。(解放感からついつい遊んじゃう予感満点だけど…
2008/03/19

免許取得への道 -仮免編-

私のハワイでの生活の足はもっぱらチャリンコ
少し離れたところに行くときも、バス バスは、大学で購入できるお得なバスパスがあるので、経済的。
でも、やっぱりアメリカの免許証も持ってた方がいいかなぁと思い、いまさらのようにアメリカの運転免許を取ることにしました。
日本で取るほどお金もかからないし。

というわけで、さっそく免許試験センターに行ってきました。
今日は、【申請書を提出→視力検査→筆記テスト】という流れ。
筆記テストは予習していったので、難なくパス。
仮免ゲットしました~。
なんか、仮免のための写真を撮るときに、係りのおじさんが"smile!"っていうもんだから(おじさん自身はかなり無愛想)、笑顔をつくったんですが、なんともぎこちない笑顔に。ステートIDつくるときにも、役所のお姉さんにスマイルを要求されたし。なんか、IDで笑顔ってちょっと違和感ありますけどね。たまに、スーパーのレジの超愛想の悪いおばちゃんの胸元にある社員証がビッグスマイルだったりして、「こんな笑顔になれるんなら、もっと愛想のいい接客せんかい」と思ってしまったりするときもあります。ま、いいんですけど。

話は戻って、仮免の有効期限は1年。次は実技試験です。実技試験は予約を入れないといけないんですが、予約がすでに1か月先まで埋まってるようで、いつ試験を受けられるか・・・。この試験場は厳しいことで有名で、必ず一度は落ちるらしいし・・・。ハワイを離れるまでに無事に取れるといいのですが・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。