2005/05/21

立読み

次のバスまで時間があったので本屋で立読みをして時間をつぶした。読んだのは『ダーリンは外国人』。立読みをするたびに読み進めていて、今日はついに2巻の終わりの方まで到達。あと少しで読破できる。このダーリンのキャラいいわぁ。このキャラが生かされてるのもハニーであるこの作者の人柄あってこそなんだろうね。この人は他の作品も出してるみたいなので、アメリカに行くまでに全部読んでしまいたい。って、買えよって話やけど。読み終わらなかったらそのとき買います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。