2008/02/03

二つの祖国

二つの祖国〈上〉 (新潮文庫)二つの祖国〈上〉 (新潮文庫)
(1986/11)
山崎 豊子

商品詳細を見る

山崎豊子。
日系アメリカ人2世がパールハーバーを境に日米の挟間で揺れ動く様子を描いてます。2世の兄弟それぞれの葛藤、一世の両親の日本への強い思い。各々、自分のアイデンティティを探し求め、彷徨い悩む様が生々しく伝わってきます。

一概には、一世は祖国に対するアイデンティティが強く、二世は両国の間で揺れ動き、三世は生まれた国へのアイデンティティを持ちながら同時に祖父母の国への好感も持つといわれています(もちろん、一般論であって必ずしも普遍的ではないでしょうが)。この本はその揺れ動く二世を中心にストーリーが進んでいます。

ドイツでずっと育った友人が昔、「俺は日本人である自分も大切にしたいし、ドイツでずっと育った自分も大切にしたい。どっちもバランスよく自分の中に持っていたい。」と言ってましたが、この本の舞台である戦争の時代は余儀なくどちらの国かを選ばざるを得ない厳しい状況だったんですね。しかも、苦渋の選択の末どちらかの国を選び忠誠を誓っても、その選んだ国からは日系アメリカ人ということで「本当の日本人じゃない」「本当のアメリカ人じゃない」と100%認めてはもらえない。(今も、黒い髪・黒い眼・黄色い肌の人がドイツ国籍持ってて「ドイツ人です」と言っても100%受け入れられるかは甚だ疑問ですけど…)

話は飛んで…私は当たり前のように自分を日本人だと感じますが、それでも、ドイツに行けば多少は「帰ってきた」という感覚はあります。日本にも10年ちょいしか住んでないわけで。疑いなく自分は日本人だけど、かといって日本にいなかったときの自分を捨て去ることもできないですよね。たぶん、いま世界には必ずしも一つの国にアイデンティティを感じない人たちがたくさんいることでしょう。そういう人たちがどちらか(どれか)一つの国に縛られずに、自分のアイデンティティを探し出して保持できて、周りにもそれが自然に受け容れられる社会がいいな、と思います。そのためには、どうすればいいか?難しいです。とりあえず、「○○人」を固定的に定義することに固執する必要はないのかなーって。
スポンサーサイト
2007/12/03

のび太・ジャイアン症候群

のび太・ジャイアン症候群―いじめっ子、いじめられっ子は同じ心の病が原因だった のび太・ジャイアン症候群―いじめっ子、いじめられっ子は同じ心の病が原因だった
司馬 理英子 (1997/04)
主婦の友社

この商品の詳細を見る


ADD(注意欠陥障害)・ADHD(注意欠陥他動性障害)は最近よく知られるようになった言葉ですが、実際にどういうものなのかあまりよく知らないなぁと思って読んでみました。
というのも、夏にミネソタで働いたキャンプでアメリカの子どもたちと過ごしたときに、ADDやADHDを持ってる子が本当に多かったんです。普通に「私、ADDだから。」とか「僕、ADHD。」とか言うんです。私のクラスにもはっきりとそう明言してる子が二人いました。症状がそれほど強くない子たちだったので(薬を飲んでいたのかもしれませんが)、少し気を配っていれば特に問題はなかったのですが、他の先生方のクラスにはもっと症状が強く表れている子もいて、いざ自分が担当になったらどうしたら良いのか分からなかったと思います。

この本は、ADHDやADDの基本的なことを説明してくれています。こういう障害を持った人にとって世界はどう見えているのか、どういった行動をとってしまうのか、どういう対策ができるのかなどを丁寧に書いています。教師がどうやって接すればいいのかアドバイスもあり、自分を振り返って反省することも多々。これだけポピュラーになっている障害、自分が担当する可能性がある限り、知らないでは済まされないと痛感しました。関連の本もいくつか手に入れたのでもう少し勉強してみようと思います。
2007/11/28

外国語の水曜日

外国語の水曜日―学習法としての言語学入門 外国語の水曜日―学習法としての言語学入門
黒田 龍之助 (2000/07)
現代書館

この商品の詳細を見る


大学でロシア語を教えている先生のエッセイ本。
とりたてて革新的なことを書いているわけではないけど、言葉を学ぶことについての根本的なことが書いてるんじゃないかなぁと感じました。言葉はやめないで続けることが大事、とか・・・。特に気に入ったのは

わたしは楽しい雰囲気がなければ語学の学習は絶対にできないと信じている。授業中も学生に言う。楽しい授業にしようよ。恐怖をもってしても語学はうまくならない。先生に厳しく脅されれば勉強する気になるだろうか? だったら学習者の背中にトカレフを突き付けてあげてもいい。でもそんなことしたってダメなことは誰にでも想像がつく。では、どうすれば楽しい授業になるのか。それにはどうしたって、学生の協力が必要だ。先生が一人で頑張ったって、それだけでは無理である。授業は教師と学生の両方で作って行くものだ。


そうだよねぇ、と思う。やっぱり楽しくないとやらんよねえ。それに、先生一人で楽しい授業を作るのもアリだと思うけど、やっぱり学習者の協力無しには至難の業ではないかと。授業はやっぱco-constructされていくもの。私が貢献できる部分はしっかり貢献しつつ、ね。
2007/09/21

教えることの復権

教えることの復権 (ちくま新書) 教えることの復権 (ちくま新書)
大村 はま、苅谷 夏子 他 (2003/03)
筑摩書房

この商品の詳細を見る

学部のときに教職の先生がやたら「大村はま先生、大村はま先生」と崇めていたのを思い出して読んでみました。その教職の授業自体は1限だった上に面白くなかったので、さぼりがちで行っても寝てることが多かったのですが、肩パットをばっちり入れた先生が「大村はま先生がおっしゃるには・・・」というのだけは印象に残っています^^;

そんなわけで読んだ本。なかなか良かったです、うん。
最初の方には大村はまの授業の実践例の紹介。驚いたのは、彼女は同じ教材を二度と再利用しなかったということ。いやぁ~、私、再利用しまくりですよ。やっぱり二度目の方が一度目を教訓にして改善できるし・・・。でも、大村さんがそうせずにやってきたというのは、やっぱり一度でバシッと成功させるだけの能力があったんでしょうねぇ。いやはや、すごいっす。でも、私ができるかと言われるとちょっと困りますけど。う~ん。その他にも見習うべきところはたくさんありますが、それを100%実行できるかと言われると言葉に詰まってしまう・・・。ま、「step by stepで精進します」ってとこでしょうか。

後半は、「『教える』ってことは、生徒のやりたいがままにさせておくってこととはちゃいますねんでー」っていうお話。今の教師はあまりにも「支援者」の部分が強調されすぎてて「教育者」の部分が軽視されてるんとちゃいますやろか、っていう問題提示。この辺については私もいまいち考えがまとまってないんですが、興味深かったですよ。(←と言って逃げる)
2007/05/23

大地の子

大地の子〈4〉 大地の子〈4〉
山崎 豊子 (1994/02)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


昔、小学生のときにNHKでやってたドラマが印象的で、本でも読んでみました。ドラマでは、他の部分はあまり覚えてないけど、主人公役の上川隆也が涙を鼻水をジュルジュル流しながら中国語で喋っていたのがリアルで妙に印象に残っています。
小説もこれまた凄まじい。満州、毛沢東、文化大革命、残留孤児、戦争責任などなど、これでもかというぐらい詰め込まれてます。ところどころ歴史関係がよく分からないところがあって、高校のときに世界史選択しとけばよかったなぁと思いました。
しんどいけど、「読むべし本」ですな。ドラマももう一度みてみたいです。
2007/03/16

アンオフィシャル ハワイブック

アンオフィシャルハワイブック アンオフィシャルハワイブック
テランス バロー (2002/12)
ホーム社

この商品の詳細を見る

なかなかイカした表紙のこの本は、帯にある通り「ディープなハワイを楽しむ」ための本です。
ハワイの歴史や神話、植物などなど55のトピックについて見開き1ページで紹介しています。
知らないことも多く、なかなか楽しみながら読みました。
この本を読んで初めて知ったこと:
 ・6月の正午頃は、太陽がほぼ真上に出るので自分の影を見ようとしても見えない!
 ・ハワイにも駆け込み寺があった!
 ・昔は舌に刺青をしていた!
 ・ハワイのスキー場にはリフトがない!
などなど・・・
2006/12/21

ズッコケ中年三人組

ズッコケ中年三人組 ズッコケ中年三人組
那須 正幹 (2005/12)
ポプラ社

この商品の詳細を見る

小学生の頃にはまった本といえば、「~なときに読む本」シリーズとこの「ズッコケ」シリーズ。
この本はズッコケ少年三人組が成長し、40歳を迎えてからのお話。
なんか三人とも現代社会の荒波にお疲れの様子でございます。
でも、怪盗Xと対決してるあたりは小学生で読んでいたときのワクワク感を思い出しました
久々に昔のシリーズを読み返したくなりました!
2006/12/11

英語ができない私をせめないで!

英語ができない私をせめないで! 英語ができない私をせめないで!
小栗 左多里 (2004/04/30)
大和書房

この商品の詳細を見る

ペーパーは今日ひと段落ついたので明日最終チェックをして提出したら、残るはテスト1つ(+論文・・・)のみです!うぉっしゃ~!
さて、そんな合間に読んだのがこちら。『ダーリンは外国人』の人が書いた英語学習体験記(?)です。英語ネイティブの夫を持ちながら英語が全く喋れないという作者がいろいろな英語学習法を体験して書いたエッセイ。
駅前留学みたいな英語学校から個人チューター、料理をしながら英語を学ぶ(イマージョン)、リラックスしながら学ぶ(Suggestpedia?)などいろんな教授法の生の体験記が面白かったです。
それと、やっぱり語学学習は地道にコツコツしかないんやなあということも痛感しました。あぁ、英語~
2006/10/23

たのしい・わるくち

たのしい・わるくち たのしい・わるくち
酒井 順子 (1999/08)
文藝春秋

この商品の詳細を見る
 この人のエッセイは面白い。人間観察力がすごいなぁ、と毎回感心します。最近お笑いで、あるあるネタが流行っていますが、それのエッセイ版とでもいいましょうか。いろんなテーマで斬っていっており、「こんな人いるいる!」と共感するんです。
この本は、例えば「自慢しい」「おっちょこちょい」「年寄りくさい」「東京生まれ」というテーマで人を斬ってます。悪口と言いつつも、自虐ネタも含んでいて毒気はそれほど感じなかったです。むしろ、著者の暴走気味の分析が面白くてあはは~という感じでサクサク読めます。この人のエッセイ、おすすめですー。
2006/10/01

天皇家の財布

天皇家の財布 天皇家の財布
森 暢平 (2003/06)
新潮社

この商品の詳細を見る
皇室で使われるお金について書いた本。イデオロギー的なことは書いてなくて、天皇家の生活費はいくらかとか皇太子家と宮家に与えられる予算額の違いとかが書いてあります。
 それにしてもあなたー、天皇家の晩餐会に出されるケーキって一つ120円なんですってよ~。意外と質素な生活してるのかしらね~、あのお宅。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。